本文へスキップ

ピアスの楽しみをご提供。穴あけ 神戸ピアスin BienaClinic

すぐに電話する050-5830-5985

耳軟骨ピアス どのピアスがいいの? dish

耳軟骨の希望の位置には、どのようなタイプのファーストピアスがよいのかを調べ、持参するときの参考にしてください。 

耳軟骨ピアス部位 写真


トラガス ヘリックス ヘリクス コンク インダストリアル  
ロック(ルーク)  アンチトラガス  ダイス  インナーヘリックス   バーディカルトラガス  オービタル  トランスバース  

耳軟骨の希望の位置に、麻酔を行い、特殊な針、二―ドルで穴を開けるのに、基本1ケ所につき 9,000円(税抜)とお考え下さい。

トラガス

キャチャーが大きいと、例えば耳たぶ用のピアスだと、トラガスに入れることができても、キャチャーがつけられないですよね。
 なので、耳の中では、ヘッドフォンが入れやすいような平らなタイプで、耳の外側で、ネジ式になっている、
ラブレットタイプがお勧めです。


推奨 : ラブレットタイプ 太さ16G 軸長 8mm ボール径 4mm  (14Gを希望される方もいます。)
長さ : 最初は、少し腫れることを考えて8mm ピアスの穴が完成後は、6mmだとぴったりで見た目がキレイ でもつけにくい、洗いにくい。

クリアのピアスが入っている位置が、トラガスです。
トラガス ピアス当院で購入できるもの: 
14 16G ステンレス ラブレット 8mm ボール径 3-4mm  1個、1,000円 (税抜)
14 16G ステンレス ラブレット 8mm カラーストーンボール径 3-4mm  1個、2,000‐2,500円 (税抜)
14 16G チタン ラブレット 8mm ボール径 4mm  1個、3,000円 (税抜)

耳の周り外周の軟骨にするピアッシングで、皆さんよく実施されるピアス部位です。ヘリクス ヘリックス ピアス(外輪の外側に近い位置から、もう少し内側までいろいろです。)


 1)ピアスが耳の裏側から表に出てくるように入れる場合!
寝ている時に耳が押えられても、大丈夫なように、耳の裏側には、平らなタイプになっているラブレットタイプがお勧めです。
推奨: ラブレットタイプのピアス 太さ16G 14G 軸長 8mm ボール径 4mm 

 2)もっと耳の外側、ヘリ近くに入れられる場合!

ワッカのようなタイプのピアスを入れたい方がおられると思います。14Gの太さのサーキュラーバーベルやキャプティブビーズタイプのピアスを持参される方が多いです。内径が小さいものやボール径が小さすぎと取り付けることが難しいものは推奨しません。もちろんラブレットやバーベルタイプもつけることは可能です。

キャプティブビーズタイプのピアスを希望される方は、一度自分で取り外し、取り付けができるかどうかを確かめて、再度ご自分でも自信を持って、取り付けができるぐらいの大きさのものを持ってきてください。。

推奨: 太さ 14G 16G
I)ワッカタイプ サーキュラーバーベル
内径 10mm以上 ボールの直径が3mm以上
U)ワッカタイプ キャプティブビーズタイプ
内径 10mm以上 ボールの直径が4mm以上
ボールの直径が小さいものは、当院の専用器具を用いても、取り付けることが難しいことがあり、勧めません。
V)ラブレットタイプ バーベルタイプ
長さ 8mm以上  ボール径 3mm以上 

 3)さらに、耳の外輪のU字のところに、入れる場合!

淵のところに入れる場合は、ピアスの両端にボール等がついているバーベルタイプを入れる方が多いです。
推奨: バーベルタイプのピアス 太さ14G 16G 長さ 8-10−14mmぐらい
耳の一番てっぺんのところに入れたりするのは、アンテナとかアンテナヘリックスとか呼ばれます。耳の外側には、ボールのかわりに、とがった三角のデザインのものをつけたりする方もいます。

 T)アンテナヘリックス
耳の上部に縦に開けたヘリックスを、アンテナのように見えることから、このように呼ばれることもあります。ボールのかわりに、三角の▲のをいれる方もおられます。

 U)フォワードへリックス インナーヘリックス
顔寄りの部分のヘリックス

参考に: ピアスの長さは、長いほうが洗いやすく、清潔にしやすいので最初は、8mm以上、でもピアスの穴が完成してしまったら、6mmでぴったりと入れておられる方も多いです。 太さは、軟骨ピアスを多く入れられている方は、14Gを希望される方が多いです。
 
当院で購入できるもの: 
14 16G ステンレス ラブレット バーベル 8mm ボール径 3-4mm  1個、1,000円 (税抜)
14 16G ステンレス ラブレット  バーベル 8mm カラーストーンボール径 3-4mm  1個、2,000‐2,500円 (税抜)
14 16G チタン ラブレット 8mm ボール径 4mm  1個、3,000円 (税抜)

サーキュラーバーベルは、14Gが数種類あるだけ。
キャプティブビーズタイプは、14Gが少しあるだけ。

コンク または インナーコンク

耳の穴付近のへこんだところの軟骨にするピアッシングです。バーベルでもいいですが、耳の裏が平らな方が、圧迫されにくい。 でも、バーベルの方が、つけたり、外したりするのに、持ちやすい。

コンク ピアス薄いグリーンのピアスが入っている位置が、コンク インナーコンク その上のブルー枠がアウターコンクです。

1)インナーコンク または、たんに コンク
耳の穴付近の軟骨にするピアスです。ストレートバーベルやラブレットタイプのピアスが使われることが多いです。
少し厚みがあるので、長さは、10mmぐらいが望ましいですが、当院でよく使用している8mmのものでも大丈夫です。
推奨: バーベルあるいはラブレットのピアス 太さ14G 16G、長さ10mm (軟骨が薄くて、8mmでも大丈夫な方もいます。)

2)アウターコンク
耳の上にある平らな軟骨部分へのピアッシングです。
厚みはそんなにない部分です。
推奨: バーベルあるいはラブレットタイプのピアス 太さ14G 16G 長さ8-10mm

当院で購入できるもの: 
14 16G ステンレス ラブレット バーベル 8mm ボール径 4mm  1個、1,000円 (税抜)
14 16G ステンレス ラブレット バーベル 8mm カラーストーンボール径 4mm  1個、2,000‐2,500円 (税抜)
14 16G チタン ラブレット バーベル 8mm ボール径 4mm  1個、3,000円 (税抜)

インダストリアル

耳の軟骨部、2ケ所の穴を1つのボディピアスで通すピアスのことです。

通常は、ヘリックスどうしに、軸の長いストレートバーベルを入れることが多いです。
場所、耳の大きさにより、長さはそれぞれで、
推奨: 一般的な場合は、バーベルピアス 太さ14G、長さ34-50mm、ボールの大きさ径5mm 
部位に合わせて、L字などに加工して、装着することもできます。中には、ヘリックスとコンクの間で、インダストリアル ピアスを入れる方もいます。
2ケ所のピアッシングになりますが、特別割引で実施しています。)
ロングバーベルタイプピアス インダストリアル用当院で購入できるもの: 14Gステンレスストレートバーベル 35-50mm ボール径 5mm  1個、2,000円 (税抜)
14Gチタンストレートバーベル 38mm ボール径 5mm  1個、3,000円 (税抜)
当院での処置料金: 軟骨2ケ所開けるけれども、軟骨1ケ所9000円を インダストリアルのみ2ケ所で、15,000円 (税抜)

ロック ( ルーク )

耳の上部の軟骨で、すこしひだになって突起となっている部分に入れるピアスです。
突起になっているので、ストレート系統のピアスよりも曲がったタイプのピアスがいいでしょう。バナナバーベルピアスワッカのタイプのピアスが望ましい。


ロック ルーク ピアス
推奨:

T)バナナバーベルタイプのピアス
太さ 14Gあるいは16G ボール間の長さできれば、12mm以上 ボールの大きさ直径 4mm以上
流さが短いと清潔にしにくく、洗いにくいので、トラブルが多い。
U)ワッカタイプ サーキュラーバーベル
内径 10mm以上 ボールの直径が3mm以上
内径8mmぐらいのほうが、キレイに見えますが、つけにくい。どうしてもなら対応します。
V)ワッカタイプ キャプティブビーズタイプ
内径 10mm以上 ボールの直径が4mm以上
内径8mmぐらいのほうが、上記写真のブルー枠のようにキレイに見えますが、非常につけにくい。
ボールの径が、3mmになると取り付けは不可能です。その他、どうしてもなら検討しましょう。

アンチトラガス

耳たぶのすぐ上側の部位の軟耳(耳全体では一番下側にある軟骨)部分に入れるピアスです。
形状から、バナナバーベルピアスやサーキュラータイプがいいです。


アンチトラガス ピアス
標準タイプ ボール径 4mm 太さ16G 軸長 8mm
  処置代9000円追加して、全て込の料金11,000円 (税抜)
◇11000円(税抜) 11880円(8%税込)
将来  消費税再度あがれば、 12100円(10%税込)

* バナナバーベルタイプのピアス 太さ 14Gあるいは16G ボール間の長さできれば、10mm以上 ボールの大きさ直径 4mm
写真のブルー枠のバナナバーベルよりも長いと飛び出しが長く、あまりかっこよくは見えません。
でも、あまり短いと内側部分を清潔に保つのが難しく、感染も起こしやすいし、一旦感染を起こして、腫れてしまうと自分で外せなくなってしまいます。


* サーキュラーバーベルタイプのピアス  当院としては、大きければ大きいほどつけやすいのですが、ファッション性を考えると、小さいほうがきれい。
少なくとも、サーキュラー直径が8mm以上のものなら何とかつけさせていただきます。
太さ 14Gあるいは16G ボールの大きさ直径 3mm

* キャプティブビーズタイプのピアス これまた、当院としては、大きければ大きいほどつけやすいのですが、ファッション性を考えると、小さいほうがきれい。
少なくとも、サーキュラー直径が8mm以上のものなら何とかつけさせていただきます。あまり小さいとつけることが難しい場合もあります。
太さ 14Gあるいは16G ボールの大きさ直径 4mm (3mm以下のボールは当院ではつけることができません。)

ダイス アッパーダイス

耳の穴のすぐ上側にある軟骨部分に行うピアスのことです。耳の淵、近くにするピアッシングをアッパーダイスと呼ぶ場合もあります。
ストレート系統のピアスは推奨しません。

ダイス ピアス

* バナナバーベルタイプのピアス 太さ 14Gあるいは16G ボール間の長さできれば、8-10mm以上 ボールの大きさ直径 4mm
あまり長いと外側への飛び出しが長く、あまりかっこよくは見えません。
でも、あまり短いと内側部分を清潔に保つのが難しく、感染も起こしやすい。

* サーキュラーバーベルタイプのピアス  推奨 太さ 14Gあるいは16G  内径最低8mm以上のもの ボールの大きさ直径 4mm

* キャプティブビーズタイプのピアス 見た目は綺麗ですが、非常につけにくい、外れてしまいやすいので、どうしてもなら、つけさせていただきます。
推奨 太さ 14Gあるいは16G  内径最低10mm以上のもの ボールの大きさ直径 4mm以上

インナーヘリックス アッパーダイス

皆さんが、よく入れるヘリックスの顔側の方なので、インナーヘリックスと呼ばれたり、ダイスの延長線上になるので、アッパーダイスと言われます。


人によって、裏側にスペースがある方とほとんどない方がい裏側にスペースがあれば、ストレート系統のバーベルやラブレットをつけることができます。本当は、短いタイプのほうが表に飛び出さないので、きれいですが、最初から短いのつけるとトラブルがあった時に大変です。
裏側にスペースがない方は、ストレート系統のバーベルやラブレットは避けて、バナナバーベルやカーブバーベル、あるいはサーキュラータイプを勧めます。
インナーヘリックス ピアス 写真
推奨: 太さ14G 16G 長さ キャッチャーストーンの大きさは、好みのタイプでいいと思います。
無難なのは、16G バナナバーベル ボール間長さ8mm ボール径 4mm ぐらいかな?

トラブル: 短い6mmぐらいのストレート系統のピアスを入れて、キレイだなと思ってたのに、感染を起こして腫れてしまうと、外そうにも痛くて、ピアスのキャッチャーをつまむことができず外せない、そのうち埋もれてしまったとかのトラブルはあります。

写真: 6mmのラブレットつけてますが、裏側のスペースが少なく、ラブレットの平らな部分で押さえつけらるる部分が出てくるため、斜めに入れないといけなくなってます。 
でもキレイよね!。

バーディカルトラガス

耳の穴、トラガスピアスの位置よりも顔面側の皮膚表面に入れるサーフェイスピアッシングです。軟骨ピアスというよりも顔面の皮膚表面に行うピアスなので、眉ピアス、アンチアイブローピアスに近いものになります。
バーティカルトラガス ピアスイメージ写真ほど、大きなピアスは入れないと思いますが、皮膚表面に入れるので、バナナバーベル、カーブバーベルやサーフェイスバーベル を、勧めます。

推奨: 太さ14G 16G 長さ キャッチャーストーンの大きさは、好みのタイプでいいと思います。
処置方法:
 入れ方は軟骨ピアスとは異なり、眉ピアスに準じて行いますので、料金も眉ピアスの料金と同じになります。
12,000円 (税抜) 
トラブル: 軟骨に通しているのではなく、眉と同じように皮膚の下を通しているので、ピアスの重みで排出されたり、切れてピアスが落ちてしまうということ、よくおこります。
さらに: この部分に、埋め込みピアス、マイクロダーマルを入れる方もいます。もちろんこの場合は、マイクロダーマルの処置料金となります。 (小手術と同じ、清潔処置で行います。)     1ケ所 20,000円(税抜)

その他の耳のピアスについて(下記に)

オービタル
トランスバースイヤーロブ
他に、こんな風に入れたいとかの、要望がある方は、お知らせください。

随時、理想的なピアスの形や料金や方法について、記載していきます。

オービタル ( 耳たぶ  軟骨 )

1個のリングピアスを、2つの穴をつなぐピアスです。耳たぶの場合は、少しぐらいの伸び縮みもあるので、穴を2つ開ければ、簡単につけることができます。


オルビタルピアス
処置方法: 穴を2ケ所開けるので、2つのニードルを使用するため、料金は、通常の2ケ所分なります。
ニードル処置1ケ所9,000円(税抜) 2ケ所め8,000円(税抜)
合計 17,000円(税抜)

当面の特別料金:
耳たぶの場合
18Gの場合は、2ヶ所 12,000円(税抜)
16G 14Gなら 15,000円(税抜)
軟骨の場合
16G 14Gなら さらに1,000円割引で、16,000円(税抜)
(参考にインダストリアルの場合は、15,000円(税抜))

トランスバースイヤーロブ

耳たぶを横ぎるように貫通するピアッシングですが、拡張された方が入れる場合が多く、耳たぶの薄くなった淵が切れてしまうというトラブルも多いので、推奨はしません。


トランスバース ピアス拡張せずに、
トランスバース ピアス単に、横切るように入れるのであれば、相談に応じます。
長い、ニードルを使用しないといけなくなると、料金はかわりますが、通常は軟骨1ケ所と同じでよいです。
ニードル処置1ケ所9,000円(税抜)

予備01

ゴールドボール ラブレットピアス
ピアス

現在、記載待ち

記載

予備02

耳ピアス場所 確認 写真

現在記載待ち
耳たぶ