本文へスキップ

ピアスの楽しみをご提供。穴あけ 神戸ピアスin BienaClinic

すぐに電話する050-5830-5985

ボディーピアス 舌ピアス スクランバーplan

 舌ピアス経過 舌ピアス入れるタイプは? 体験談 
 スプリットタン処置 (舌先端を2つにする)
 スクランバーピアス

舌ピアス 通称 舌ピー

処置:希望の位置に、細い針で麻酔を行い、特殊な針で穴ををあけます。
舌ピアスイメージ
時間:実際の処置は、1ヶ所15分程度で終わりますので、来院から帰るまで、30分程度です。
料金:処置代は、舌は、期間限定 18,000円⇒ 15,000円 (税抜)に割引中  16,200円 (税込)
ファーストピアス:当院でも、舌に適したの種類のファーストピアスをおいてますので、購入可能ですが、特別舌が分厚い方や材質にこだわる場合、ご希望のものを持ってきていただいても、ピアッシングの処置は行いますよ。
持参される場合:下記のファーストピアスの形、太さ、長さなどを参考にして、持ってきてください。


舌ピアスの処置  経過  ↓詳細見る

舌ピアスイメージ

舌ピアッシング

処置:
1) 口の中をうがいなどで、きれいにしてもらい、ピアスを入れたいところに印をつけます。まっすぐに入るように印をつけます。
2) 舌を消毒後、麻酔を行います。舌への麻酔注射は、そんなに痛くなかったですという方が多いです。
3) 特殊な針で穴ををあけ、ピアスを入れます。
直後の経過:
麻酔が効いているので、舌の動きが少しぎこちなかったりします。しべりにくい、舌を突き出した時に、左右どちらかにかたよる、舌の一部分が麻酔で膨れている等の症状が出ることがありますが、2,3時間すれば麻酔が切れて、これらの症状も改善します。 麻酔がきれてもそんなに痛くはありません。
帰宅後の経過:
 1)帰宅後、 しばらくは、口の中で血が出ることもありますが、うがいなどで口の中を洗ってください。消毒というよりも、うがいや歯磨きをしっかりして口の中をきれいにしてください。
2) 処置後、腫れは1週間ぐらい続いて、落ち着いてくると、ピアスの長さが長いように感じてきます。長いと、しゃべる時、歯に引っかかったりすることもあります。でも長いほうがトラブルも少ない。
7) トラブルがあって、穴が先に向かって広がってきたり、舌が裂けそうになったりした場合は、外して元に戻ってから再処置しましょう。(トラブル後再ピアッシング 3,000円(税抜))
その後: 3ヶ月ぐらいすれば、もう少し短いピアスや自分の好きなのに入れ替えることも可能ですが、短ければ短いほど、着け外しは大変です。頑張ってください。 苦労した分だけ、楽しみも一番だと思います。
処置代は、期間限定割引 実施
18,000円 ⇒ 15,000円 (税抜)に割引中 ピアス持参すれば、消費税もすべて込みで16,200円(税込)だよ。

シンプルなバーベルタイプ 医療用ステンレス

舌ピアス バーベルタイプ 

舌 シンプルな医療用ステンレス バーベルタイプ

バーベルタイプは、舌の裏側で、ボールになっているので、少し違和感がありますが、つかみやすいので、外しやすいです。
処置後は、舌が腫れますので、その分だけ、ピアスの軸の長さが必要です。
そのため当院で使用するのは、バーベルタイプ
太さ14G ボール径5mm  ボール間距離14-16mm
太さ14G ボール径5mm  ボール間距離19mm です。
ピアス料金 1個 2,000円(税抜)
処置代等すべて込み
17,000円(税抜) 18,360円(税込)

シンプルなラブレットタイプ 医療用ステンレス

舌ピアス ラブレットタイプ

舌 シンプルな医療用ステンレス ラブレットタイプ

ラブレットタイプは、外れるところは、舌の上のボールの部分だけで、裏側は平らなスタッドになりますので、違和感が少ないです。 でも、外すときにそのスタッドが以外につかみにくく、少し外しにくいです。
太さ14G ボール径5mm  ボール間距離16mm 
太さ14G ボール径4mm  ボール間距離14mm です。
ピアス料金 1個 2,000円(税抜)
処置代等すべて込みだと 
17,000円(税抜) 18,360円(税込)

舌ピアスを持参する場合

舌ピアス 腫れ

バーベルタイプがいいかな?

バーベルタイプ: 舌の裏側で、ボールだと少し違和感がある。つかみやすいので、外しやすい。
ラブレットタイプ: 舌の裏側のスタッドなので、違和感が少ない。 つかみみにくいので、少し外しにくいです。
長さ:12mmぐらいから20mmまでのもの。麻酔による腫れ、処置後の腫れ、これを考えると、軸の長さは、15mm以上が望ましいです。長い方が安全なのですが、20mmになると、しゃべる時に歯に引っかかりやすいです。最終的には、10mmぐらいのピアスでも大丈夫となります。写真だと、ピアスのボールで、舌が押さえられ気味になってますね。なってますね。
材質:当院には、医療用ステンレス以外は、おいてません。 せっかく持参されるのなら、最低医療用ステンレス、それ以上の材質のもの、チタンや24金ゴールド、プラチナ等をご持参ください。
持参された場合は、処置料金だけになります。
処置代等すべて込み 
15,000円(税抜) 16,200円(税込)

処置を開けた方の体験談他、アドバイス

舌ピアス 腫れ

案外処置は、怖くなかった、楽だったと!

時間: 説明を含めましても30分あれば十分です。
麻酔: 意外に舌は皆様、麻酔の注射も痛がりませんよ。
位置: 局所麻酔を行っているので、ニードルでピンポイントであけれます。舌の表と裏が斜めにならないように、まっすぐに開けることができます。
ファーストピアス: ラブレットタイプとバーベルタイプがありますが、外しやすさからは、圧倒的にバーベルタイプがいいです。 舌の裏側に違和感がないようにするためには、ラブレットタイプがいいです。軸の長さは、15mm以上が望ましいです。長い方が安全なのですが、20mmになると、しゃべる時に歯に引っかかりやすいです。

処置後: 麻酔がきれた後もそんなに、痛くないので安心してください。 処置後しばらくは、麻酔やニードル処置のために、舌の動きが悪くなり、しゃべりにくい、飲み物がこぼれる、唾液に血が混じるということはありますが、数時間の事です。
ファーストピアスは、腫れを考えて、軸の長いものを使用しないといけないので、入れ替えるまでは、多少、口の中で邪魔かと思います。、しゃべりにくかったり、歯に引っかかったり、パスタがからまったりすることはあるでしょうが。
みなさん、好きであけてらっしゃるので楽しんでおられるのではと思います。まあ、たとえ何かありましても、外せば済む話ですので・・・。
ご自分が納得されていればよろしいのではないかと思います。

スプリットタン処置 手術

舌ピアス 腫れ

舌ピアスを入れてる方が、時々舌先端の方を少し分離してほしいと望まれる方のために!


特殊電気メス切開による方法で、一気に舌先端まで、切開を入れて、舌をスプリットします。
切開部分は、できるだけ出血を少なくするように、しっかりと止血操作を行います。
処置:現在の所、どうしても行い方に限定をしております。完全に元に戻すことは不可能なので、処置や経過を十分ご理解いただいた上で実施します。
1)切開を入れてほしいラインの決定
2)消毒の後、局所麻酔を行います。
3)ライン上の切開、スプリットタンの完成、その時、できるだけ止血操作を行いますので、極端に出血するということはありません。
4)当然、傷口がオープンになっているので、痛みも少しあると思います。
抗生物質と鎮痛剤の処方を行います。
時間: 実際の処置は、30分程度、ただし、清潔のもとで、実施しますので、来院から帰るまで、1時間程度とお考えください。
料金: 切開部分が、1cm程度とすれば、120,000円(税抜)129,600円(税込)これ以上大きく切開することはお勧めしません。
抗生物質 セフカペンピポキシル塩酸塩錠 7日分 2500円(税抜)
他 5日分で2000円程度のものもあります。
消炎鎮痛剤 ロキソプロフェンNa錠 10個 1,000円(税抜)
経過 麻酔による影響: 麻酔が効いている間は、痛みはあまりないものの、舌の動きが悪い、しゃべりにくい等の症状が、麻酔が切れてからは、傷口が開放状態になっているので、当然少し痛みを感じるとともに、食べ物がしみるといったことも十分考えられます。

経過 処置部分からの出血: 処置部分は、切開を行っているために、出血の危険性はありますが、それを抑えるために、傷口辺縁は、できるだけ、電気メスにて止血操作を行っております。帰宅後に、少し血がにじんでということがあるかもしれませんが、気になるときは、うがい等で口の中をきれいしてください。

経過 感染: もともと口腔内は、無菌状態にすることは無理ですが、常に口腔内をすすぐことで、ある程度感染を抑えることは可能です。
ただし、運悪く感染が続いたり真っ赤になった状態が続けば、更なる抗生剤の点滴処置などが必要となる場合もあります。
経過: 
切開辺縁は、少しずつ傷が治るような感じで皮膚が盛り上がってきます。じくじくしながらもきれいに切った端が盛り上がれば完成です。ただし、2ケ月以上かかる場合もあります。
傷の治癒がいいために、せっかく分離した舌の一部分が癒着して、スプリットは不完全になることがあります。その場合には癒着したところを再度切開してはがす必要があります。
舌の機能が損なわれてなどの副作用もあり得ますが、以上を理解した上で、処置に臨んでください。

お勧めは、しませんが、納得されていれば、できるだけ希望に沿えるようにはします。

スクランパー ピアス処置

舌ピアス 腫れ

かなり、マニアックな位置の口腔内ピアスです。ピアス持参ください。


普段は、見えないように入れて、口を開けた時だけ見えるようにしたいとかある程度希望に添えるようにします。

処置:どのようなピアスを入れるかによって、開ける位置が異なりますので、できれば、ご希望のピアスをご持参ください。
ご希望なら、抗生物質と鎮痛剤の処方を行います。
時間: 実際の処置は、30分程度、ただし、麻酔は、切れるまで、帰宅後3時間余りかかりますので、その間はは、口が開けにくいなどの違和感があります。
料金: 舌ピアスに準じて、持参された場合は、処置料金だけになります。処置代等すべて込み 
15,000円(税抜) 16,200円(税込)
ただし、使用する麻酔方法、ニードルにより、簡単に口唇ピアスのように実施できる場合は、口唇ピアスの料金と同じにさせていただきます。
必要であれば、抗生物質 セフカペンピポキシル塩酸塩錠 7日分 2500円(税抜)
他 5日分で2000円程度のものも処方します。
消炎鎮痛剤 ロキソプロフェンNa錠 10個 1,000円(税抜)
経過 麻酔による影響: 麻酔が効いている間は、口が開けにくい、しゃべりにくい等の症状が、3時間程度続きます。 痛みは少ないですが、食べ物がしみるといったことはあります。
経過 感染: もともと口腔内は、無菌状態にすることは無理ですが、常に口腔内をすすぐことで、ある程度感染を抑えることは可能です。
ただし、運悪く感染が続いたりすると、切れて、、ピアスが取れてしまうということもあります。

あまり、お勧めは、しませんが、納得されていれば、できるだけ希望に沿えるようにはします。